公演・イベント情報 公演・イベント一覧へ

2019年8月24日(土) チケット取り扱い主催公演

“究極の二人オーケストラ” 新座初公演!! ユニット“清水西谷&朝岡さやか” プレミアムコンサート

“究極の二人オーケストラ” 新座初公演!! ユニット“清水西谷&朝岡さやか” プレミアムコンサート

東京交響楽団の首席奏者でありながら、独自のポップス楽曲(小柳ゆき「Remain~心の鍵~」TBSドラマ主題歌他)で多くのファンを持つヴァイオリンの清水泰明と、昨年の青山音楽賞受賞者で東京交響楽団の首席チェロ奏者として高い評価を受ける西谷牧人。待望のスーパーユニットによるオリジナル楽曲の評価は高く、究極の二人オーケストラとも呼ばれている。今回は地域の西武台新座中学校・西武台高等学校吹奏学部と同じ舞台に立ち、エールを送る。

 

♪プログラム
第1部:西武台新座中学校・西武台高等学校吹奏学部 演奏
第2部:ユニット“清水西谷&朝岡さやか” コンサート
*ベートーベン:交響曲第九番より「歓喜の歌」
*ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番より
*サン・サーンス:「白鳥」
*モンティ:「チャールダーシュ」 他
*清水泰明:「こどものゆめ」
*西谷牧人:「Green Wind」
*朝岡さやか:「疾走するフェルマータ」
 ※曲目は変更になる可能性がございます

 

チケット発売中

  • 公演概要
  • チケット情報
  • 出演者プロフィール
  • 公演概要

    公演日2019年8月24日(土)
    時間

    開場 14:30 / 開演 15:00

    料金

    全席指定(税込)

    一般2,500円、大学生以下1,000円

    ※当日券は500円増し

    会場ホール
    主催新座市民会館
    後援

    新座市、新座市教育委員会

  • チケット情報

    チケット発売日

    5月18日(土)

    料金

    全席指定(税込)

    一般2,500円、大学生以下1,000円

    ※当日券は500円増し

    チケット取り扱い

    新座市民会館              048-481-1111

    コピスみよし(三芳町文化会館)   049-259-3211

    チケットぴあ[Pコード:149-822]0570-02-9999

  • 出演者プロフィール

    清水 泰明
    清水 泰明

    兵庫県姫路市出身。国立音楽大学ヴァイオリン科を首席卒業。
    卒業時に「矢田部賞」受賞。コンポーザー・プロデューサーとして、2002年、小柳ゆき「remain~心の鍵~」(ドラマ「恋を何年休んでますか?」主題歌)、などを手掛けるだけでなく、アレンジャー、ヴァイオリン奏者として、岡本真夜をはじめ、多くのアーティストの楽曲に参加。
    河口恭吾のシングルCD「桜」においては、深町純氏とのデュオver. を制作、レコーディング及びライブ参加も数多い。作編曲はもとより、ピアノ、ヴァイオリン、ビオラなど、収録のほとんどの楽器を担当する自作自演の音楽製作をライフワークとしている。現在、東京交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者。

    西谷 牧人
    西谷 牧人

    長野県松本生まれ。5歳より松本のスズキメソード本部にてチェロを始める(水島隆郎氏に師事)。8歳の時に、父親の転勤で奈良に引っ越し。当時、奈良にスズキメソードの教室が無かったので、毎週末は大阪までレッスンに通う日々(故杉山実氏、森田健二氏に師事)。奈良市立二名中学校から県立奈良高校に進学。この間にロック&エレキギターに目覚めてバンドに燃えるも、高校1年生の時に受講したモスクワ音楽院の教授による講習会が転機となり、初めてチェロ奏者を志す。その後、東京藝術大学音楽学部へ入学し、そのまま大学院修了までの6年間芸大で学ぶ(河野文昭氏、菊地知也氏に師事)。大学院終了後渡米。インディアナ大学にて研鑽を積み、2004年パフォーマーディプロマコースを修了(堤剛氏、ヤーノシュ・シュタルケル氏に師事)。また、ヨーヨー・マ、ダヴィド・ゲリンガス、故ヴァレンティン・フェイギン、毛利伯郎、上村昇ら各氏をはじめとする多くのチェリストのマスタークラスを受講している。室内楽では、漆原啓子、野平一郎、店村眞積、練木繁夫、イクワン・ベイ、フェデリコ・アゴスティーニら各氏に師事。2005年、3年半の留学を終えて帰国し、同年9月より指揮者の佐渡裕氏率いる兵庫芸術文化センター管弦楽団(通称、兵庫PACオーケストラ)に第1期生として入団。2008年度兵庫芸術文化センター・ワンコインコンサートNo.1アーティストに選ばれ記念リサイタルを開催。これまでに、ソリストとして秋山和慶、尾高忠明、佐渡裕らとの共演や、大谷康子四重奏団としての活動、バンドネオン奏者小松亮太氏のタンゴ楽団、ライブイマージュ、葉加瀬太郎Violin Summitに参加するなど、多岐にわたる演奏活動を行っている。2008年より東京交響楽団首席チェロ奏者、及び東京藝術大学非常勤講師。

    朝岡 さやか
    朝岡 さやか

    3歳よりピアノを始める。1993年全日本学生音楽コンクール全国第1位。1997年第20回ピティナ・ピアノコンペティションコンチェルト部門上級全国大会最優秀賞(第1位)受賞。1998年、桐朋学園音楽大学の最難関コース“ソリストディプロマコース”に入学。ピアノ科では創立以来史上初のソリストディプロマコース修了者となる。2005年、イギリスのRoyal Academy of Music大学院課程パフォーマンスディプロマコースに留学し、翌年、同コースピアノ科を卒業。最高レベルの演奏者に与えられるDipRAMの称号を授与される。

    作曲活動にも力を入れており、2010年には、ロンドン、ハンガリー、ローマにて、ラフマニノフ及び自作オリジナル曲を中心としたリサイタルを開催。現在はクラシックの枠を超え、オリジナル曲の作曲演奏活動やアーティストのレコーディングに参加する等、活動の幅を広げている。また、これまでピアノソロで演奏される機会の少なかったラフマニノフの協奏曲や交響曲を独自にピアノソロ用に編曲する活動も行っている。

お問い合わせ

新座市民会館 TEL:048-481-1111

新座市民会館

 〒352 - 0011 
埼玉県新座市野火止1丁目1 - 2
交通アクセス
 TEL.048-481-1111 
FAX.048-481-1114

お問い合わせ